医学部生向けに穿刺手技バーチャルトレーニング開発、イマクリエイトと東京大学

VRやARシステムなど開発や運用を手掛けるイマクリエイトは2月1日、東京大学と共同で、医学部生向けのバーチャルトレーニングを開発したと発表した。

皮下注射、静脈採血、末梢静脈カテーテル挿入の3つの穿刺(針を刺すこと)手技を、実際に行っているかのように学べる。手本となる医師の動きにVR上で自分の手を重ねて正しい動きを学んだうえで、手本を非表示にした訓練や患者への声掛けなどのコミュニケーションも練習することができる。

穿刺など患者への負担が大きくなる技術の習得には実践の前に十分なトレーニングが必要になるが、練習用の模擬腕など消耗品の補充の必要性や同時に多数の学生の練習が困難といった課題があった。設備などの有無や時間や回数を問わず、医学部生が訓練できる環境を用意できるという。

イマクリエイトはこれまでにも、熊本大学と共同での飛沫感染を可視化しながらの看護技術演習や寄生虫感染症の顕微画像から検査、京都大学と共同での臨床実習用のバーチャルトレーニング教材などを開発している。