32種の列車を「鉄道NFT」に JR西日本、LINE NFTで発売

3DフィギュアNFT動画イメージ(「トワイライトエクスプレス」シリーズ)

JR西日本グループが、NFTマーケットプレイス「LINE NFT」で、鉄道NFT「JR西日本 懐鉄NFTコレクション」を発売する。購入したNFTは、LINEのプロフィールアイコンや、LINE NFTのプロフィールへ設定できる。

32種の列車をモチーフに、それぞれトレーディングカードNFT(1100円)、3DフィギュアNFT(3300円)、トレインマークNFT(2200円)のNFT計96種を用意し、10月14日〜11月14日にかけて、毎日12時に1列車ずつ、32日間連続で発売される。発売開始から1カ月間、各100個の限定商品だ。初日の10月14日には、寝台特急「トワイライトエクスプレス」のNFT3種が登場し、その他のラインアップは、発売前日に特設ページ公式ツイッターで発表される。

3DフィギュアNFTは、ミニチュアの列車が回転する動画で、車内チャイムとして、オルゴールを再現した「ハイケンスのセレナーデ」「アルプスの牧場」、京都鉄道博物館収蔵のオルゴールから音を採った「鉄道唱歌」のいずれかが流れる。

また、東京・日比谷公園で行われる「第29回鉄道フェスティバル」にあわせて、10月8日に「500系新幹線NFT」が先行発売される。こちらは1500円、500個限定で、音声なしの3DフィギュアNFTとなっている。

NFT発売を記念して、紙製トレーディングカード(32種)も製作された。JR西日本グループが出展する鉄道関連イベントで、トレーディングカードNFTと同じ絵柄のものが無料配布される予定だという。