スターバックス、NFTのポイントプログラム「Starbucks Odyssey」をスタート

2022/09/13
画像 Shutterstock

米スターバックスは9月12日、NFTを活用したポイントプログラム「Starbucks Odyssey」を始めると発表した。NFTのスタンプを集めることで、限定商品の購入や、バーチャルとリアル両方のイベントや旅行などへ参加できる。

Starbucks Odysseyは、スターバックスの商品を購入すると「スター」が集められるポイントプログラム「Starbucks Rewards」の会員と、従業員も対象。Starbucks Rewardsのログイン情報を使ってStarbucks Odysseyにアクセスすると、ミニゲーム「ジャーニー」に参加でき、ゲームを完了するとNFTのデジタルスタンプが入手できる。

また、Starbucks Odyssey内のマーケットプレイスではNFTの限定スタンプが購入できる。限定スタンプはレア度によってポイント価値が付与され、ポイントによってバーチャルなエスプレッソマティーニ作り教室や、限定商品やアーティストとのコラボレーションへのアクセス、「Starbucks Reserve Roasteries」の限定イベントへの招待、コスタリカの「スターバックス ハシエンダ アルサシア コーヒー農園」への旅行など、多岐にわたる特典を得ることができる。

すべてのスタンプには、スターバックスのパートナーや外部のアーティストと共同制作したアートワークが使用されている。また、限定スタンプの売り上げの一部は、会員の活動支援に活用する。

限定スタンプはクレジットカード決済に対応予定。会員間での二次流通も可能になるという。Starbucks Odysseyは2022年内の開始を予定しており、同日からウェイティングリストを公開している。

スターバックスの副社長兼最高マーケティング責任者(CMO)のBrady Brewer氏は、「Starbucks Odysseyは、サードプレイスのつながりをデジタルワールドに拡張するもの」とコメントしている。

スターバックスは、4月に開いた同社従業員とのオープンフォーラムで、新戦略の一つとしてNFTへの参入方針を公表していた。NFTは単なるデジタルコレクティブルとしてではなく、所有者に限定コンテンツや特典を提供するものになるとも言及。NFTの活用により、顧客が店舗と接する、時代に即した新しいツールを手に入れることができると説明し、22年末までに独自のデジタル資産を立ち上げる意向も明かしていた。