米チケットマスター、FlowブロックチェーンでNFTチケットを発行

米チケット販売大手のチケットマスターが、NFTによるチケット発行のプラットフォームに、Flowのブロックチェーンを採用すると、8月31日に発表した。すでに500万枚以上のNFTが、Flow上で作成されているという。

これによりイベント主催者は、来場者にデジタル記念品を提供できるようになる。参加者にも、イベントの参加履歴をオンラインで共有したり、大切なチケットをなくさなくなったり、といったメリットがある。

Flowは、NFL ALL DAYやNBA Top Shot、UFC Strikeといった有名なスポーツ団体やエンターテインメント企業が、NFT発行のためのブロックチェーンとして利用している。チケットマスターはその実績を評価したようだ。

チケットマスターはFlowを活用して、2月に開催された第56回スーパーボウル(米最大のスポーツイベントである、アメリカンフットボール大会)の記念チケットNFTを7万枚以上配布した。NFTには観戦者の座席位置が表示される。

また2022年シーズン、NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)の100試合以上で、来場者全員にFlow上で作成したNFTを提供する予定としている。