米TIME誌傘下の「TIMEPieces」メタバース版タイムズスクエア構築へ【NFT.NYC】

米ニュース誌「TIME」傘下のNFTコミュニティー「TIMEPieces」が香港のブロックチェーン企業Animoca Brands(アニモカブランズ)傘下のNFTゲーム「The Sandbox」と提携し、同ゲーム内にメタバース版の「TIME Square」の構築を計画していることが、6月21日分かった。TIME社社長のKeith A. Grossman氏が米ニューヨーク市で開催中の世界最大規模のNFTの祭典「NFT.NYC 2022」内で明らかにした。

【特集:NFT.NYC】現地からリアルタイムで更新中

ニューヨーク市を象徴する繁華街タイムズスクエアのように、アートや商業の中心であり人々が集まるエネルギーに満ちた場所を、The Sandbox上の仮想の土地「LAND」に再現する。Grossman氏は「メタバースの中心となる場所を作ることが目的」とコメント。「TIME Squareでの没入体験を通して、我々の100年にわたる歴史とTIMEPiecesのバーチャルコミュニティー、(TIME誌傘下の映像制作会社の)TIME Studiosによるコンテンツや子ども用TIME、実社会でのイベントなどが自然と相互につながる空間を目指す」という。

またGrossman氏はTIME Squareのデザイナーを公募するとも発表。3DCGのボクセルアート版のタイムズスクエアに新たな息吹を注ぐデザインを世界に向け募るという。

The Sandboxの創業者兼最高執行責任者(COO)のSebastien Borget氏は「文化やエンターテインメントの中心として人々が集いさまざまな体験ができるThe Sandbox自体が、よく“バーチャル・マンハッタン”と例えられる。そこにTIMEPiecesが加わることでより一層活気にあふれたものになる」と述べている。

TIMEPiecesは2021年9月に立ち上げ。同年11月には暗号資産の投資・運用企業の米Galaxy Digital(ギャラクシー・デジタル)との提携を発表し、メタバース分野に注力する方針を明らかにしていた。またTIME 誌は3月に発表した22年の「世界で最も影響力のある100社」に、The Sandboxや大手NFTマーケットプレイスOpenSeaなど、NFTやメタバース、暗号資産に関連する企業も複数選んでいる

NFT.NYCは今年で4回目の開催。タイムズスクエアの周辺のホテルやホールなどで開かれ、約1万5000人の聴衆が参加を予定している。20日にはThe Sandboxが初となるイベントを行い、共同創業者兼COOのセバスチャン・ボルジェ氏が基調演説で、ゲーマーやアーティストの「創造性を解き放つ」ための事業を拡大すると発表している。

NFT.NYC は23日まで開催。

個人情報登録についてプライバシーポリシーに同意してご登録下さい

個人情報登録についてプライバシーポリシーに同意してご登録下さい

Ranking

Event

読み込み中... 読み込み中…

個人情報登録についてプライバシーポリシーに同意してご登録下さい

個人情報登録についてプライバシーポリシーに同意してご登録下さい