「猫の寿命を伸ばす薬」NFTで応援するチャリティ企画がスタート

猫の腎臓病を治す薬を研究しているAIM医学研究所(宮崎徹所長)を支援するためのNFTチャリティ企画が5月25日から始まった。開催するのは、2021年8月に宮崎所長(当時は東京大学教授)が著した『猫が30歳まで生きる日』の発行元である時事通信出版局。「暗号資産を使ってNFT購入するだけで参加できる新しいタイプのチャリティ企画」ということで、英語ページも用意し、国内だけでなく世界中からの参加を見込んでいる。

宮崎所長の著書『猫が30歳まで生きる日』は、これまで治療不可能といわれていた猫の腎臓病を克服する新薬の研究について記した書籍。タンパク質の一種である「AIM(Apoptosis Inhibitor of Macrophage)」による治療の可能性を示し、大きな注目を集めた。

猫にとって腎臓病は大敵といってよい病気で、多くの猫が腎臓病で命を落としている。その原因は長らく不明だったが、宮崎所長の研究によって、血液中のAIMが急性腎障害を治癒する機能を持つことがわかった。

このAIMを猫に処方すれば、腎臓病の予防・治療が可能になり、猫の寿命も現在の平均の15歳から30歳へと延ばせるのではないかーーそんな期待がもたれている。宮崎所長は猫の腎臓病の治療薬の研究に専念するため、2022年3月に東大教授を辞め、AIM医学研究所を設立した。

時事通信出版局は「猫用のAIM薬」の研究開発を応援するため、5月25日から 6月30日までNFTチャリティ企画を実施する。目玉は、週刊少年サンデーで漫画『トニカクカワイイ』を連載している畑健次郎さんの作品。畑さんがチャリティのために描き下ろしたNFT作品を販売する。

このチャリティ企画には、NFTアートのプロジェクト「CryptoNinja」も猫をイメージした作品を出展する予定。さらに、国内で猫をテーマに創作活動を行うNFTアーティストたちも参加する。作品のNFTは特設サイトで紹介されており、マーケットプレイス「OpenSea」で購入できる。チャリティの収益は、経費を除いた全額がAIM医学研究所に寄付されるという。

時事通信出版局はチャリティにNFTを活用することの意義について「AIM医学研究所へは、主に国内の銀行への振込という形でしか寄付をすることが出来ませんでしたが、暗号資産で購入できるNFTをチャリティに活用することで、国内に限らず世界中から参加が可能となりました」とコメントしている。