UNDONEとMadworldがポパイの限定NFTを販売

オーダーメード腕時計ブランドのUNDONEとNFTプラットフォーム「Madworld」は5月18日、人気キャラクター「ポパイ」とコラボレーションしたプロジェクト「Popeye Metaverse Madness」で、ポパイのNFTコレクションを発売。限定 4000個を、Madworldで販売する。

NFTは腕時計型の2Dデザインになる。描かれるポパイの職業や衣服、背景などはアルゴリズムで生成され、さまざまなバリエーションになるという。コレクションは2つのドロップに分けられ、ミステリーボックス形式で販売される。 価格は0.15ETH。

NFTの保有者は、背面に自身の所有するデザインのNFTがプリントされた、限定版のポパイの腕時計の現物と交換することができる。交換は6月中になるとのこと。また、Madworld と UNDONEが共同で、今後行う予定の「Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)」形式のキャンペーンに参加することもできる。

時計とNFTでは、イタリアの高級ブランド、BVLGARI(ブルガリ)が4月、世界最薄の腕時計「オクト フィニッシモ ウルトラ」を発表。限定10本に、時計の真正性とオーナーとのリンクを保証するNFTの限定アートワークが付与され、香箱に記されたQRコードを読み取ると専用のデジタルユニバースにアクセスすることができ、インタビューやセグメントのメイキング、ムーブメントのバーチャル3Dツアー、ウオッチに関連するコンセプトの探求などが体験できるという。