損保ジャパン「メタバース向けの保険商品」開発へ ANA NEOと提携

SKY WHALEのイメージ(2021年5月のANA NEOのプレスリリースより)

損害保険ジャパンは5月13日、ANAグループのメタバース企業「ANA NEO」と提携し、メタバース向けの保険商品を開発するための実証実験をおこなうと発表した。メタバースにおける保険会社の実証実験は国内で初めてという。

ANA NEOは、ANAホールディングスがゲーム開発会社「JP GAMES」とともに設立したメタバース関連企業。新しい旅の体験を創造するバーチャルトラベル・プラットフォーム「SKY WHALE(仮称)」を開発中で、2022年内のローンチを目指して準備している。

このSKY WHALEのメタバース空間では、世界各地への旅行を擬似体験できるエンターテインメントを提供するほか、ショッピングなど、旅以外のライフスタイルも対象にしたサービスへと拡大していく予定だ。

■ Web2.0型からWeb3.0型志向の保険会社へ

損保ジャパンのプレスリリースによると、ANA NEOのメタバースは「ANAマイレージ会員約3400万人、国際線・国内線搭乗者の5442万人を取り入れることで国内最大規模のメタバース基盤」となる。「このような大規模な基盤を活用して保険会社が実証実験を行うケースは、世界初となる取り組み」としている。

損保ジャパンとANA NEOの実証実験では、メタバースにおける保険商品の市場性を検証したり、メタバース上の取引のリスク実態を検証したりする。また、メタバースでのUX(ユーザーエクスペリエンス)をカバーする保険や、Web3.0型のビジネスモデルに関連する領域についても検証を行うという。

今後の方向性について、損保ジャパンは「今までの保険のあり方やデジタルアセットの活用も考慮し、契約や加入プロセス、商品設計や契約保全に至るまで深く検討を行い、Web2.0型からWeb3.0型志向の保険会社へ変革していきます」とコメントしている。