機材不要でメタバース体験「メタキューブ」発表、ブイキューブ

ウェブ会議システムを手がけるブイキューブは4月18日、個室型VR空間「メタキューブ」のコンセプトモデルを発表した。ブイキューブグループのテレキューブサービスが手掛ける防音個室ブース「テレキューブ」内の壁面に映像コンテンツを投影し、VRデバイスなどを使わなくても、臨場感あふれるメタバース体感ができるという。

メタバースでのサービスを体験するためにはARやVRヘッドセッドなど専用の機材が必要なことが一般的だが、メタキューブはテレキューブに入室するだけでメタバースサービスを使うことができる。専用機器の準備が不要なほか、新型コロナウイルスの感染拡大で敬遠される機材の使い回しへの不安やゴーグルによるVR酔いの軽減などが期待できるという。複数人対応のブースを使用すれば、人数分の機材を用意する必要なく、全員で同時に同じコンテンツを体験することもできる。

発表されたコンセプトモデルでは、360度カメラで撮影した静止画や動画、CG画像などのほか、遠隔地の映像のリアルタイム表示も可能。離れた場所の相手とのWeb会議や、ライブ映像の配信などに活用できる。不動産業や観光業などでの遠隔地からの案内サービスや、体験型エンターテインメントやアミューズメント向けアトラクションコンテンツ、VRジムなど、幅広い用途を想定しているという。

今後は、メタキューブ実用化に向け、サービス開発を共同で行うコンテンツパートナー企業を募集し課題の抽出や有効性について検証するという。ブイキューブは2月、メタバース空間内のバーチャルオフィスに雑談スペースや共同作業用オープンスペース、会議室を設け、社員同士がお互いの在席状況をみながらコミュニケーションできるバーチャルオフィスプラットフォーム「Eventln Workplace」を提供。また米国のNFTメタバース事業のスタートアップAnifie, Inc.へ出資し、日本国内におけるNFTメタバースの販売や運用サポートなどを展開している。