「一般社団法人Metaverse Japan」設立 業界や企業の垣根超え情報共有

2022/03/16

業界や企業の垣根を越えてメタバース領域の最先端の情報などを共有し、Web3.0時代に日本の力を世界に解き放つハブとなることを目的とする「一般社団法人Metaverse Japan(MVJ)」が3月14日、設立された。日本が持つIPやアーティストの創造性や新しい起業家の持つ力を発揮させるさまざまな活動を行うことで、多様性を尊重しながら人々の可能性を伸ばし活躍できる場を増やすことを目指すという。

国内外のメタバースやNFT、Web3.0業界などの有識者を招いて、事例の勉強やディスカッションをする定例勉強会の開催や、ARやVR、分散型自律組織(DAO)などの複数のワーキンググループを立ち上げ、定期的な会員間のコミュニケーションと学びの場を提供し、各分科会のリーダーは理事やアドバイザーメンバーと連携するワーキンググループ活動などを行う。また、業界や業種を越えてメタバース領域についてディスカッションするイベントの開催や、ガイドラインなどの整備や提言も予定している。

代表理事に一般社団法人渋谷未来デザイン理事・事務局次長などを務める長田新子氏、共同代表理事にPwC Japan合同会社マネージングダイレクターで元Facebook Japan執行役員の馬渕邦美氏が就任する。理事はKDD事業創造本部ビジネスインキュベーション推進部部長の中馬和彦氏、東京大学生産技術研究所特任教授で建築家の豊田啓介氏、デジタルハリウッド大学学長の杉山知之氏ら7人が務める。またアドバイザーとして、メタバースプラットフォーム「cluster」の開発・運営を行うクラスターの代表取締役CEOの加藤直人氏、暗号資産取引所「bitFlyer」を運営するbitFlyer共同創業者で、ブロックチェーン技術を活用したサービスの企画や開発などを手がけるbitFlyer Blockchain代表取締役の加納裕三氏、VRイベント「バーチャルマーケット」などメタバース関連する事業のHIKKYのCOO / CQOのさわえみか氏、VRアートの先駆者として国内外で幅広い活動を展開するせきぐちあいみ氏などが参加。提携パートナーには一般社団法人日本ブロックチェーン協会とバーチャルシティコンソーシアム、動画メディア事業などを行うWIQOMEDIANが協力に入っている。

長田氏は「メタバースを中心とした新しい可能性が社会の変化の流れになると感じ始めている。この加速時に主体的に動くことへの重要性と、グローバル企業の経験、行政関連組織でハブとして動いている経験、メタバース関連での経験を生かし、グローバル規模で個人が輝ける社会、そして日本の持つパワーを最大化させるようなことを目指して活動していきたい」とコメント。馬渕氏は「これから求められるのは、新たなゲームを仕掛けることのできる人や組織。未知の世界に対して正確な地図を描くのは非常に難しいと思われるが、方向性を定めるビジョンを示していきたい」と述べている。