メタバースオフィス「RISA」アバターのNFTを販売、「仕事のゲーム化」目指す

メタバースオフィス「RISA」を運営するOPSIONは3月5日、RISAで使われているアバターをNFT化して販売すると発表した。第一弾として、大手NFTマーケットプレイス「OpenSea」で、4種類のアバターを販売する。価格は未定で、オファーを受け取ってから売り渡す相手を決める。

アバターの販売数は徐々に増やしていく予定で、今後、RISAの中でNFTアバターを活用できるようにすることも計画しているという。

RISAは、インターネットの仮想空間上で「アバター」を介してコミュニケーションできるメタバースオフィス。リモートワークやオンラインイベント、教育現場での活用を想定している。1つ1つの体験や仕掛けにエンターテイメント性を持たせているのが特徴で、「アバターやモーションも通常の仮想オフィスと比べてユニークなものを提供している」という。

そんなRISAが目標として掲げるのが「仕事のゲーム化」で、アバターのNFT化はそのための仕組みづくりの一つ。仕事を頑張るとNFTがもらえて、そのNFTを使ってRISAをカスタマイズしたり、マーケットプレイスで売ったりできるインセンティブの構造を造ろうとしている。

システム実現のためにはRISAの価値と流動性を高める必要があり、その第一歩としてアバターのNFT化と販売を考えたという。

RISAのCEO 深野崇氏によると、中長期的な計画として、メタバースオフィスの「MetaverseRISA」とNFTアイテムを販売する「CryptoRISA」を融合し、世界で戦えるRISAへ進化させていきたいとしている。今後は、分散型自立組織「RISA DAO」のコミュニティを通じて、RISAの普及活動やメンバー間での雇用機会の創出を行っていきたいという。