楽天のNFTマーケットプレイス「Rakuten NFT」がサービス開始

楽天グループは2月25日、NFTマーケットプレイス「Rakuten NFT」を立ち上げた。午後9時から販売を始める。またサービス開始を記念したオンラインイベントが午後7時から開催される。

Rakuten NFTは、スポーツや音楽、アニメなどさまざまな分野のNFTの購入や個人間での売買ができるマーケットプレイスと、IP(コンテンツ)ホルダーがワンストップでNFTの発行や販売サイトの構築が可能なプラットフォームサービス。決済には楽天IDを使用できるため、登録されたクレジットカードや楽天ポイントの利用が可能。

販売が開始されるのは、円谷プロダクションが制作、販売するアニメ「ULTRAMAN(ウルトラマン)」のCGアセットを使用した「高画質エフェクト付きプレミアムデジタルアート」の各NFTコンテンツ全3種と、日刊スポーツ新聞社傘下の日刊スポーツNEWSが提供する、漫画家・黒鉄ヒロシ氏の描き下ろしイラストを含む、競馬をテーマにしたNFTコンテンツシリーズ「黒鉄ヒロシGI激闘史『2010年シリーズ』」全9種。今後も、テレビ朝日から番組の名シーンなどの貴重映像を集めたNFTや、アイドルグループ「アンダービースティー」の限定NFTトレーディングカード、アニメーション制作会社バンダイナムコピクチャーズ制作の人気アニメ「TIGER & BUNNY 2」のキャラクターを使用したNFT、Jリーグ公認NFTコレクション「J.LEAGUE NFT COLLECTION PLAYERS ANTHEM」の制作や販売、Rakuten NFTがセレクトするオリジナルNFTアート作品を集めた「Rakuten NFT Art Gallery」などの公開が予定されている。

2023年以降には、個人によるNFTコンテンツの発行および販売ができるサービスの提供や、国内外のIPホルダーが保有するNFTの発行およびグローバルを含むマーケットへの展開、決済方法の多様化などを予定しているという。楽天は16年8月、ブロックチェーン技術に特化した研究開発組織「楽天ブロックチェーン・ラボ」を開設。19年8月からは楽天ウォレットで、暗号資産における現物取引サービスを提供してきた。