実在の都市と連動した「バーチャル大阪」本格展開 新たな文化創出めざす

KDDIと大阪市は2月28日から、実在の都市と連動するメタバース「バーチャル大阪」を本格展開することを発表した。2025年開催の国際博覧会(大阪・関西万博)に先がげて、道頓堀など大阪市内をモチーフにした「新市街」エリアが登場し、メタバースを通して大阪の魅力を国内外に発信する。

バーチャル大阪は21年12月にプレオープンした都市連動型メタバースで、テーマは「City of Emergence(創発する都市)」。多種多様な人が集い、一人ひとりの体験や表現を通じて、大阪の新たな文化の創出やコミュニティーの形成に寄与することを目指す。

https://www.youtube.com/watch?v=5TBTLaTmK34

新市街エリアには道頓堀をモチーフにした空間、大阪城や梅田スカイビルといった大阪市内のランドマークが配置されたフォトスポットの広場を設ける。ビルを登ることができるアスレチックなど、バーチャル空間ならではの体験ができる。28日にはスクランブル交差点や原宿などのランドマークを再現した「バーチャル渋谷」とワープゾーンを通してつながり、双方の自由な往来が可能となるとのこと。

3月12日にはバーチャル大阪内の特設会場で、VTuberらによる音楽・トークライブイベント「au じぶん銀行 Presents VIRTUAL MUSIC LIVE」、3月下旬にはCM楽曲アーティストのHalf Time Old氏、もーりーしゅーと氏が登場するライブイベント「旅立つ君との超応援祭」の開催が予定されている。

今回バーチャル大阪が展開されるのはメタバースプラットフォームのCluster。自身のアバターを作成し、ワールドの作成、探索、他ユーザーとのコミュニケーションができる。KDDIは実在する都市とバーチャル空間が連動した大阪の魅力や経済圏の拡張を目指すとしている。既に渋谷や原宿、丸の内が再現されており、ユーザーが新型コロナウイルス禍でも自宅から各都市の雰囲気を体験できるようになっている。

メタバース上で都市を再現するプロジェクトは、VRイベント「バーチャルマーケット」などVRサービスを開発しているHIKKYがパラリアルワールドプロジェクトを発足しており、5年以内に100都市の再現を目指している。22年度中に大阪とニューヨークが再現される予定という。