YouTubeがメタバース構想 ブロックチェーンやNFT活用で新たな収益目指す

2022/02/14

動画共有サイト「YouTube」はこのほど、2022年に提供するサービスのロードマップを発表。ブロックチェーンやNFTの活用により、新しい収益化ができるようになると述べた。

22年は、ユーザーからの要望が多かった機能などをアップデートするという。ショートフィルムやライブストリーミングなどに投資し、マネタイズのオプションを充実化。21年に立ち上げた基金「YouTube Shorts Fund」を通じ、次世代の起業家を支援する。

ブロックチェーンやNFTなどの新技術により、クリエーターとファンが関係をより深めることも目指す。視聴者がお気に入りのクリエーターの動画や写真、アートなどを提供することは、双方にとって魅力的な展望となり得ると述べ「このような新しいテクノロジーに責任を持って取り組むには、多くのことを考慮しなければいけないが、同時に素晴らしい可能性も秘めていると考えている」と明かした。

また、メタバース構想にも触れ、より没入感のある視聴のため、まずはゲーム分野からの取り組みを模索していると述べた。