2026年までに4人に1人がメタバース利用、ガートナージャパン予測

調査会社のガートナージャパンは2月9日、メタバースに関する展望を発表。2026年までに、4人に1人は1日1時間以上をメタバースで過ごすようになると予測した。

メタバースは「仮想的に拡張された物理的現実とデジタル化された現実の融合によって創り出される集合的な仮想共有空間」と定義。単一のベンダーが所有するものではなく、デジタル通貨とNFTによって新たなデジタルエコノミーになると予想し、消費者が日々接するあらゆるビジネスに影響を与えると述べた。

企業が仮想オフィス 環境を導入することで、働き方にも影響を及ぼすという。従業員により良いエンゲージメントやコラボレーションが提供できるほか、メタバースがフレームワークになるため独自のインフラの構築が不必要になるのこと。アナリストでバイス プレジデントのマーティ・レズニック氏によると「将来的には、さまざまなテクノロジーや経験がメタバースの中で行われるようになる。2026年までに世界の組織の30%がメタバースに対応した製品やサービスを持つようになる」という。

一方、メタバースはまだ新しい分野のため、特定のメタバースへの多額の投資については注意を必要とのこと。どの投資が長期的に有効であるかを判断するには時期尚早で、プロダクトマネージャーは競争力を高めるためにメタバースの学習や検証、準備のために時間を割くべきだとレズニック氏はコメントしている。