「浦和レッズ」が初のNFT発売、ミンカブと協同で

Jリーグの浦和レッズは、「MINKABU(みんかぶ)」などの投資家向け金融情報メディアを運営するミンカブ・ジ・インフォノイドと共同で、初のNFTを発売する。

ブロックチェーンの技術を活用し、デジタル証明書を付与したメモリアルな動画や音声、写真など数量限定のデジタルコンテンツを、専用のコミュニティー内で提供する。暗号資産用のウォレットがなくても購入でき、好きな選手を応援するとともに資産価値のある形として保有できるメリットがあるという。オンラインショップの商品や店頭グッズと連携し、特定の商品を購入するとQRコードを介してNFTカードの取得ができる機能の開発も行っている。

暗号資産のニーズ拡大を受け、ミンカブはかねてブロックチェーンを活用したソリューションの検討を進めており、NFTを活用したコンテンツやグッズ販売などを希望する事業者へのシステム基盤提供事業へ参入。浦和レッズとの協同はその第一弾とのこと。今後もスポーツ分野以外にも多様なジャンルへの展開を目指すという。

個人情報登録についてプライバシーポリシーに同意してご登録下さい

個人情報登録についてプライバシーポリシーに同意してご登録下さい

Ranking

Event

読み込み中... 読み込み中…

個人情報登録についてプライバシーポリシーに同意してご登録下さい

個人情報登録についてプライバシーポリシーに同意してご登録下さい