中央大学とImmerse Inc、メタバース内の自走型英語学習を実証実験

中央大学国際情報学部_iTL_の斉藤ゼミとVR言語教育プラットフォームを提供するImmerse Inc.が共同で、VR空間内で学生が学生に対して講義する自走型英語学習の共同検証を実施した。

Immerse Incは主に日本、北米、ヨーロッパで教室や教育機関でのVR英語教育プラットフォーム「Immerse」の開発・提供をするカリフォルニア州発のスタートアップ。大手英会話スクールの「AEON」と提携し、VR語学スクールを開設するなど、メタバースを用いた言語教育分野で注目を集めている。

今回のプロジェクトでは過去にプロのVRレッスンを経験したことがある英語が得意な斉藤ゼミの3年生4名が、VR空間を使ったタスクベースのVRレッスンカリキュラムを自分達で作成し、同ゼミ2年生の8名に講義を行った。その結果、講師・生徒共にアクティブな学習となり、生徒8名の平均満足度が5点満点中4.6点と高い結果となった。一方で、相手の表情やジャスチャーといった視覚情報を用いた意思疎通の難しさや、VR利用時の個人情報の適切な共有方法が議論の対象となった。

Immerse Inc.と中央大学国際情報学部_iTL_斉藤ゼミは今後も「VRがもたらす言語教育・国際交流における教育効果や海外留学の代替としてのVR留学の可能性等」において共同で研究・発表を継続し、「メタバースにおけるVR言語教育の発展」に寄与するとしている。