国際宇宙ステーション映像をリアルタイムでNFT化 2022年元旦に発売

バスキュールは、GameFi事業を展開するDigital Entertainment Asset Pte.Ltdと共同で、世界で初めて国際宇宙ステーションからの映像をNFT化し販売する「THE FIRST SPACE SUNRISE 2022」を実施する。

バスキュールは、企業やブランドのデジタルプロモーションや、子供向けのデジタルコンテンツ制作事業を展開。また、国際宇宙ステーションと地上を、双方向ライブ情報番組配信システムで繋ぐ「KIBO宇宙放送局」をJ-SPARC事業共同実証として実施している。

今回の取り組みでは、国際宇宙ステーションが2022年に初めて地球を周回した1周目の写真2022セットを、NFT化して販売する。世界標準時(UTC/GMT)2022年1月1日00時00分(日本時間午前9時00分)から販売を開始するという。

発売されるNFTは以下の2種類だ。

① THE FIRST SPACE SUNRISE 2022     
販売価格:0.2022 ETH
販売数:限定2022点

地球上空400kmを秒速8kmで飛行する国際宇宙ステーションから、新年を迎えた地球をライブ撮影する。90分で地球を一周する間、3秒ごとにキャプチャし、キャプチャ画像からリアルタイムにNFTを生成。すべての画像に撮影時間とISSの緯度経度がプリントされる。

② ASTRO-DOGU 2022
販売価格:0.101 ETH
販売数:限定2022点

初回販売額のうち、20.22%は寄付される予定。寄付対象には、すばる望遠鏡など、将来の宇宙における活動に貢献するであろう国際的なプロジェクトや、子供達に宇宙の魅力を伝える活動などが選定されるという。