KDDIが新Web3サービス「αU」提供、メタバースを身近に

2023/03/08

KDDIは3月7日、メタバースやライブ配信、バーチャルショッピングなどのWeb3サービス「αU (アルファユー)」を始めると発表した。国内外のパートナーと連携し、日本のクリエーターやコンテンツのグローバル展開もサポートする。

KDDIは2020年5月に都市連動型メタバース「バーチャル渋谷」、22年10月にリアルとバーチャル空間が連動した「デジタルツイン渋谷」を展開するなど、5G通信とARやMR技術を活用した都市体験の拡張サービスに取り組んできた。αUでは、メタバースでエンターテインメント体験や友人との会話を楽しめる「αU metaverse」、360度視点の高精細な音楽ライブを楽しめる「αU live」、デジタルアート作品などの購入ができる「αU market」、暗号資産を管理できる「αU wallet」、実店舗と連動したバーチャル店舗でショッピングができる「αU place」を提供する。

αU metaverseは、バーチャル空間に再現された渋谷や大阪の街を舞台に、さまざまなコミュニティーを展開。ユーザーはアバターで音声によるコミュニケーションをとることができ、街中のバーや居酒屋、カフェなどのコミュニケーションスペースに集って交流できるほか、音楽ライブや有名人のトークライブ、クリエーターによる展覧会なども開催する。街とは別に用意された自分の部屋の 「マイルーム」 で自分らしさを表現したり、制作したアバターやマイルームの家具を販売したりすることできる。

αU marketはNFT などが購入できるマーケットプレイスで、有名ファッションデザイナーや著名なNFTアーティストによる作品を限定販売する。クレジットカード決済や「auかんたん決済」に対応で、初心者でも手軽にNFTの購入が可能。他マーケットプレイスとも互換性があるPolygonブロックチェーンに販売するため、購入した作品を二次取引もできる。また、対象のリアル店舗で提示すると特典が受けられる「デジタル会員証 (NFT)」を取り扱っており、東京・渋谷区の店舗から提供を開始。提供エリアは順次拡大予定という。

αU marketと同時に、さまざまなデザイナーやアーティストとのコラボレーションしたNFTストア「αU dotadp」も開始。第1弾にアーティストの雪下まゆ氏、ヨシフクホノカ氏、バウエルジゼル愛華氏のNFTを発売する。

また3月8~12日まで、αU各サービスが無料体験できる「αU spring week 2023」を東京・渋谷のイベントスペース「Hz – Shibuya」で開催中。αU liveでは「BE:FIRST」の音楽ライブ、αU metaverseでは、「水曜日のカンパネラ」の音楽ライブや吉本芸能所属タレントのお笑いライブを行っている。