JR西日本コミュニケーションズとREALITY XR cloud、メタバースソリューションの構築へ提携

2023/03/06

JR西日本グループの広告会社のJR西日本コミュニケーションズとグリー子会社のREALITY XR cloudは3月2日、スマホメタバースとバーチャル関連領域で提携すると発表した。両社のバーチャルとリアルの知見を活用し、メタバースソリューションの構築を目指す。

提携の契約は、 2023 年 6月ごろまでに締結予定。REALITY XR cloudはスマートフォン向けメタバース「REALITY」の法人向けメタバース構築ソリューション「REALITY XR cloud」を展開している。広告代理店機能とともに西日本エリアの交通媒体を取り扱うJコミと、「REALITY」を活用してXR 技術と交通広告を組み合わせたコンテンツなどを開発し、媒体価値を向上させるという。

Jコミは、「REALITY」で、アバターのまま3Dのバーチャル空間の中を自在に動き回ることができる「ワールド」機能を法人向けに提供する「REALITY Worlds」サービスの販売代理店として、一般企業や自治体などへ営業活動を行う。「REALITY Worlds」における広告スペースを共同開発し、「メタバース×交通広告」をセットにした商品開発の実現性も検証する。

また、Jコミが管理するイベントスペースや施設などと連携し、メタバースとリアルが融合したソリューション開発を実施。「REALITY」内のアバターアイテムショップでIP を活用したコンテンツビジネスの可能性を検証し、バーチャルとリアルともに商品化も検討する。

今後は、提携の一環としてスマホメタバース空間の構築や「リアル×メタバース」の試行を検討している企業に向けたオンラインセミナーも開催予定とのこと。また、メタバース創出に関する相談にも対応するという。