FTX日本法人、21日正午から顧客資産の返金再開

2023/02/21

経営破綻した大手暗号資産取引所FTXトレーディングの日本法人であるFTX Japanは2月21日正午から、法定通貨の出金と暗号資産の出庫を再開した。FTX Japanからではなく、同業のLiquid Japan(リキッドジャパン)を通じて返還する。

【関連記事】
【基礎から解説】世界最大手の取引所、バイナンスは安全なのか
逮捕のFTX創業者が異例のブログ開設、法的責任を否定

法定通貨の出金と暗号資産の出庫には、ユーザーが残高を確認した上で、Liquid Japanの口座から返金する。Liquid Japanの口座を持っていないユーザーは口座を開設する必要があり、対象者へはメールで案内する。Liquid JapanはFTX Japanの前身のQuoineが運営していたプラットフォームで、2022年2月にFTXがQUOINEの親会社のLiquidグループを買収していた。

FTX Japanは22年11月、「親会社の方針」で、ユーザーに明確な理由を説明することなく、再開日程を明示しないままに暗号資産と法定通貨の出金を一時的に停止。一方で、ユーザーからの財産の受け入れや暗号資産取引は継続していたことから、関東財務局から1カ月間の業務停止と業務改善を求める行政処分が下されていた

出金停止の理由は「(停止している)FTXと同じシステムを使用しているため」と説明。打開のため、独自のシステムを開発していると述べていた。