イーサリアム共同創設者、プライバシー保護へ「ステルスアドレス」提唱

イーサリアムの共同創設者であるビタリック・ブテリン氏が1月20日、ブログを更新し、イーサリアムのユーザーがプライバシーを守るための「ステルスアドレス」について言及した。

パブリックなブロックチェーン上の取引は現状、基本的にすべて公開されている。ブテリン氏はそれがイーサリアムのエコシステムの「最大の課題のひとつ」と指摘し、ステルスアドレスはその解決策になりうると提示した。

ステルスアドレスはウォレットで生成され、公開鍵アドレスを隠すものという。ブテリン氏は、ステルスアドレスの仕組みを「資産を送りたいアリス」と「資産を受け取るボブ」の例で説明。ボブが、資産を受け取ったのが自分であると世界に知られたくなく、かつ従来と同じ支払いフローでやりとりしたい場合に活用できるのが、ステルスアドレスだという。

ボブが「spending key」と呼ばれる秘密鍵と、それによる「ステルスメタアドレス」を生成。メタアドレスをアリスへ送付するか、暗号資産の複雑なアドレスを読みやすい文字列に変換できるサービス「イーサリアム・ネーム・サービス(IEMS)」に登録する。アリス側でメタアドレスを計算することでボブにひも付いたステルスアドレスを生成でき、そこへ資産を送付すれば、秘匿された状態で暗号資産を取引できるという。

暗号資産の匿名化サービスはこれまでも「Tornado Cash(トルネードキャッシュ)」などが存在した。しかしTornado Cashは、対応トークンがイーサなどと少なく、NFT送金ではプライバシーを保てなかったという。

ブテリン氏は、ストレスアドレス機能は「迅速に実装できる」と記しつつも、サポートにはウォレット側での対応作業が必要とも述べている。一方で、他のプライバシー保護の観点から、アプリケーションごとに新たなアドレスを生成するなど、マルチアドレスモデル導入に向けて動き出すべきだと結んでいる。