エミネムとスヌープ・ドッグがBAYCフィーチャーの新曲発表 キャラクターに変身

2022/06/27

米ラップ歌手のエミネムとスヌープ・ドッグがコラボレーションした新曲「From The D 2 The LBC」のミュージックビデオが6月24日に公開された。人気NFTプロジェクト「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」にフィーチャーし、2人がBAYCのキャラクターに変身して登場する。

「From The D 2 The LBC」は、米ニューヨークで開催されたNFTに関する世界最大規模のイベント「NFT.NYC 2022」内で行われたBAYCの保有者に向けたイベント「ApeFest」で披露された。エミネムとスヌープ・ドッグは、大麻やインターネットの好き嫌いなどをテーマにしたダークなトラックで共演。ミュージックビデオではBAYCのIPを活用し、カラフルな火花やドラッグに関するアニメーションとともに、BAYCのキャラクターになって登場している。

ApeFestでは曲とミュージックビデオに加え、BAYCのマーチャンダイズも発表した。作品は、BAYCと、同プロジェクトを手掛けるYuga Labsが提供するNFTコレクション「Mutant Ape Yacht Club(MAYC)」の所有者限定で発売。決済にはApeCoin を使用し、1人1点のみ購入できる。

エミネムは1月、BAYCのNFTを123.45ETH(約5000万円)で購入しており、自身のTwitterアカウントのプロフィル画像もBAYCのキャラクターに設定している。21年4月には、NFTマーケットプレイス「Nifty Gateway」で公式NFT作品が販売している。

スヌープ・ドッグは4月、米人気歌手のジャスティン・ビーバーらとともに、Web3.0インフラプロバイダーのMoonPayの投資に参加したと発表。MoonPayと共同で、新しいNFTマーケットプレイスを立ち上げることも明らかにしている。

BAYCは「Bored Ape(退屈した猿)」をモチーフとした全1万点のNFTコレクションで、2021年4月から販売。21年9月にはオークションハウス大手サザビーズで、101点のNFTコレクションが2440万ドル(約26億8000万円)で落札されるなど、最も人気のあるNFTプロジェクトの一つといわれており、米スポーツメーカー大手のadidasなどともコラボレーションしている。NFTの保有者へ商業的な活用も認めており、Bored Apeを用いたプロダクトなどを自由に行うことができる。