カルビーが初のNFT無料配布 農業ゲーム「AstarFarm」とコラボ

2022/07/22

カルビーは7月21日から、農業体験ゲーム「AstarFarm」を運営するCryptoGamesなどと共同で、NFTを無料配布するキャンペーンを行っている。抽選で1万人に記念NFTを配布するほか、現物の商品「ポテトデラックス」もプレゼントする。

AstarFarmは、日本発のパブリックブロックチェーン「Astar Network」を活用したGameFi。暗号資産の「ASTR」を預けてバーチャルの種を獲得、栽培し、育てた作物をAstarFarmで売却するとASTARを得られる。

キャンペーンでは、カルビーポテトデラックス公式Twitterアカウントのフォローなど参加条件を満たした1万人に抽選で、同社では初の発行となるNFTを無料で配布。またAstarFarmでバーチャルなじゃがいもを収穫したユーザーにポテトデラックスの限定NFTを配布し、その中から抽選で50人に、現物のポテトデラックスを送付する。キャンペーンは31日まで開催。

カルビーは2020年にスマートフォンアプリ「カルビー ルビープログラム」をリリースし、22年4月には顧客体験価値向上を目的とした組織改編を行っている。近年のWeb3.0普及によるバーチャル空間での体験価値の需要の高まりを受け、バーチャルとリアルを融合させた価値創造による新たなファンコミュニケーションを目指し、キャンペーンを実施したとのこと。

Astar Networkは、日本発のプロダクトのため、国内へのサポートが手厚く、日本の大手企業やIPコンテンツと連携がしやすい。ブロックチェーン「Polkadot」と接続しており、⼿数料の安さが大きな特徴。PolkadotではTotal Value Locked(プロトコルに預けられた 暗号資産の総額)がトップの約1000億円で、国内外で大きな注目を集めている。