【速報】Animoca Brandsがレーシングゲーム開発のEden Games買収、新タイトル開発へ

2022/04/12


香港のブロックチェーン企業Animoca Brands(アニモカブランズ)は4月11日、ゲームやライブストリーミング関連のマルチプラットフォームメディア企業のEngine Gaming &Mediaから、フランスのゲーム開発企業Eden Gamesを買収したと発表した。Eden Gamesの知見を生かした、新しいブロックチェーンゲームの開発などを行う。

1998年設立のEden Gamesは、パソコンやモバイル、コンソール向けに、「Need for Speed」や「F1 Mobile Racing」「Gear.Club」「Test Drive」「V-Rally」各シリーズなど、多数のレーシングゲームを開発しており、受賞歴も数多い。またBMW、ブガッティ、ポルシェ、ロータス、パガーニなど、自動車業界を代表する30以上の有名ブランドと提携している。

Animoca Brands は、Eden Games のノウハウや技術を活用し、Animoca Brandsのブロックチェーンカーレースゲーム「REVV Motorsport」の新規タイトルの開発や、2022年3月に運営を終了した「F1® Delta Time」に代わる新しいゲームなどを開発する予定という。

Animoca Brandsの共同創業者Yat Siu氏は「四半世紀にわたり高品質のモータースポーツビデオゲームを作り続けてきたEden Gamesは、『REVV Motorsport』のエコシステムを強化し、発展を加速させるだろう。REVVコミュニティーとレースメタバースに強力な価値をもたらすことになる」とコメント。またEden Gamesの共同設立者でスタジオの責任者のDavid Nadal氏は「Animoca Brandsの一員となることで、Eden Gamesの次の章が始まる。モータースポーツというジャンルの現状を打破した、Web3.0で新たな体験を提供する」とコメントしている。

Animoca Brandsは21年末、暗号資産取引所大手のBinance(バイナンス)と共同で、ブロックチェーン・ゲームプロジェクトに投資する2億ドル(約227億円)のファンドを設立。1月には、モバイルゲーム開発などを手がけるサイバードとともに、ブロックチェーンサッカーゲーム「Blockchain Football」の開発を手がけ、NFT発行や「Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)」機能の実装などを行っている。また2月には、日本に戦略的子会社Animoca Brands株式会社を設立している。