コインチェックが「The Sandbox」で2035年の近未来都市「Oasis TOKYO」制作へ

仮想通貨取引サービス「Coincheck」を展開するコインチェックと香港のブロックチェーン企業Animoca Brands(アニモカブランズ)傘下のNFTゲーム「The Sandbox」は1月31日、コインチェックが保有するThe Sandbox上の土地「LAND」に、2035年の近未来都市「Oasis TOKYO」を制作すると発表した。2022年春に一般公開予定。

The Sandboxは、ユーザーがメタバース内でアバターや建物などのアイテムやゲームを作成して遊べるゲーム。Oasis TOKYOは、「2035年の近未来都市」をコンセプトにしたメタバース×NFTのコミュニティー拠点で、日本を連想させる象徴的な街並みの中に美術館やステージなどのイベント施設を設置する。さまざまな分野のアーティストとファンとの交流や、企業のコミュニティー育成の場としての活用を目指す。

コインチェックの天羽健介執行役員は「NFTはメタバースと非常に親和性が高く、The Sandboxは世界で最も有力なメタバースの一つになる」とコメント。コインチェックとThe Sandboxは2020年9月にパートナーシップを締結し、NFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」でのLANDの販売などを行っている。