米マイクロソフトが大手ゲーム会社買収へ メタバース事業の発展目指す

米IT大手マイクロソフトは1月18日、「コール・オブ・デューティー」や「キャンディークラッシュ」など数多くの人気ゲームを手がけるアメリカのゲーム会社Activision Blizzard(アクティビジョン・ブリザード)を687億ドル(約7兆9000億円)で買収すると発表した。マイクロソフトはモバイルやPC、ゲーム機器、クラウドだけではなく、メタバース事業の発展にもつなげたいという。

Activision Blizzard は月間アクティブユーザー数が世界190カ国・地域に約4億人の、世界的にも最も大きなゲーム会社の一つ。マイクロソフトにとって過去最大の買収になる予定で、買収手続きが完了するのは2023年となる見込み。買収後マイクロソフトは騰訊控股(テンセント)とソニーに次いで、世界で3番目に大きいゲーム会社となる。

マイクロソフトはこれまでもビジネス分野におけるメタバースの活用を積極的に進めてきた。マイクロソフトのナデラCEOは「ゲームはエンターテインメントの中で最も勢いのある分野で、メタバースの発展にも重要な役割を果たす」とコメントし、ビジネスだけでなく、ゲーム分野においてもメタバース事業の拡大に向けて意欲を見せている。