人気NFT「Bored Ape Yacht Club」がAnimoca Brandsと提携 Play-to-Earnゲームで

2021/12/15

人気NFTプロジェクト「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を手がけるYuga Labsは、香港のブロックチェーンゲーム企業Animoca Brandsと提携し、NTFブロックチェーンゲームを共同制作する。12月13日に発表した。

開発するゲームは、プレーすると実際に使える資産を獲得できる「Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)」形式とのこと。2022年の4~6月ごろに配信開始される予定。

Yuga Labsの広報担当者は提携について「Animoca Brandsはブロックチェーンゲーム分野の先駆者であり、確かな実績がある」と述べ「Animoca Brandsと協力してBAYCの世界を成長させ、すべてのBored ApeNFT所有者にメリットを拡大できることに、とても興奮している」とコメントしている。

BAYCは「Bored Ape(退屈した猿)」をモチーフとした全10,000点のNFTコレクションで、21年4月から販売。9月にはオークションハウス大手サザビーズで101点のNFTコレクションが2440万ドル(約26億8000万円)で落札されており、最も人気のあるNFTプロジェクトの一つ。

Animoca Brandsは、英フィナンシャルタイムズの「High Growth Companies Asia-Pacific 2021」にランクインした企業で、REVVトークンやSANDトークンなど、幅広い製品ポートフォリオを開発している。F1やディズニー、ドラえもん、WWEなど数多くのコンテンツを使ったデジタルエンターテインメントやメタバースの事業を手掛けている。