ZOZOSUITの体形データ活用したバーチャル試着アプリ ZOZO NEXT、ソフトバンクら3社が実証実験

2022/02/22

アパレルECサイト「ZOZOTOWN」の開発、運用を行っているZOZO NEXTとソフトバンク、繊維商社のMNインターファッションの3社は2月21日、服のバーチャル試着体験ができるアプリ「ALTRM(オルターム)」の実証実験を始めると発表した。同日から3月29日の30日間で、15日間ずつの2回に分けて、20歳以上の男性合計約400人を対象にALTRMのユーザーテストを行う。

ALTRMは、3Dアバターを活用して、場所や時間を選ばずオンラインでバーチャル試着が体験できるサービス。身長と体重を入力すると、それを基に3Dアバターが生成される。バアターの体形生成には、ZOZOが提供する体形計測スーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」で集蓄積した体形データを活用する。好みのアイテムのアイコンを選択してアバターに装着させれば、実際に試着した時と同様に着丈やサイズ感を確認することができるという。

実験では、このためにMNインターファッションが新たに立ち上げた、主に20代をターゲットにした紳士服ブランド「ALTRM」のアイテム全14型を販売し、バーチャル試着導入による購入率の変化を検証する。バーチャル試着の導入により、オンラインショッピングの課題であるサイズの不一致や着用時の違和感による返品の減少、CVRの向上への貢献が期待されるという

ZOZO NEXT代表取締役の金山裕樹氏は「テクノロジーの進化によって人々の生活や行動が大きく変わっても、服を選ぶ・着るという行動は変わらず私たちの日々の生活の中に存在している。バーチャル試着の実現によって、よりストレスフリーにファッションを楽しんでいただける未来に一歩近づくことができると期待している」とコメント。ソフトバンク常務執行役員 兼最高情報責任者(CIO)の牧園啓市氏は「アパレル業界のイーコマースだけでなく、生地・素材のオンライン展示会や、生産ラインにおけるアパレル業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)への活用も期待できる技術」と述べている。