香港でBAYCなど有名NFTコレクション展示会 総額約104億円相当

2022/05/28
CryptoPunk#1985. Photo by Kit Lai

人気NFTプロジェクト「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」や「CryptoPunks(クリプトパンク)」などの人気コレクションが集めたショーケース「Metavision」が、香港の複合商業施設K11 MUSEAで、開催されている。香港では初のショーケースで、6月19日まで開催。

Bored Ape Yacht Club#3749. Photo by Kit Lai
Clone X – X Takashi Murakami. Photo by Kit Lai

Metavisionは、英金融大手HSBCと米クレジットカード大手のVisa(ビザ)の協力で「NFTアートのあらゆる側面を民主化し、神秘化する」ことを目的に開催。BAYCやCryptoPunksのほか、フクロウをモチーフにしたNFTプロジェクト「Moonbirds」の注目作品や、村上隆やトム・サックス、ジョアン・コーネラなどの現代美術作家らによるNFTベンチャープロジェクトなど、200点以上のNFT作品が展示されている。

Azuki#7123. Photo by Kit Lai

著名なクリエーターだけでなく、「NFTの神童」と呼ばれる8歳のArthus Ngや漫画家のFelix Ipなど、香港の新進気鋭のクリエーターたちを含む30人以上のアーティストやプロジェクトが参加。展示される全コレクションの総額は、4月下旬の時点で2万6000イーサリアム以上で、約8200万ドル(約104億円)と推定されている。

Soaring Skytram by Felix Ip. Photo by Kit Lai

展示はK11 MUSEAの9つのフロアでテーマに沿ってキュレーションされ、背景にはインスタレーションアートも飾られている。NFTアーティスト主導のワークショップや、ARと音楽をミックスしたショーなども体験できる。

Adrian by Moar by Joan Cornellà. Photo by Kit Lai
The King by Diela Maharanie. Photo by Kit Lai

K11 MUSEAは、アートやカルチャーと高級品の買い物の融合をテーマとした施設で、香港の不動産開発会社New World Developmentが所有する旗艦店。同社の最高経営責任者(CEO)であるAdrian Cheng氏は2021年、香港のブロックチェーン企業Animoca Brands(アニモカブランズ)傘下の人気NFTゲーム「The Sandbox」の仮想土地の「LAND」の取得を発表している。


(翻訳・編集:西沢裕子)