KPMGカナダ、女性支援のNFT「World of Women NFT」を約800万円で購入

KPMG purchases World of Women (WoW) Non-Fungible Token

国際会計事務所KPMGのカナダ部門である KPMGカナダ は3月1日、NFTコレクション「World of Women(WoW)」の#2681 を25ETH(約7万ドル、約805万円)で購入したと発表した。ウォレットアドレスを使いやすくするためのENS(Ethereum Name Service)ドメイン名である「kpmgca.eth」を所有していることも明らかにした。

同社はこれまでに2作品のNFTを購入している。2月にはビットコインとイーサリアムへ投資したとも発表していた。KPMGカナダのアドバイザリーサービス担当マネージングパートナーのBenjie Thomas氏は「NFTは、企業が顧客と関わるための新たなチャネルを開くと同時に、資産の安全なデジタル化を通じてイノベーションを促進する」と述べている。

WoWは女性が新しい世界を発見して創造し、未来に立ち向かうことをテーマにしたコレクション。2021年に立ち上げられ、22年に第2弾が発表されている。ビジョンに賛同した俳優でプロデューサーのリース・ウィザースプーンはWoWの作品を自身のツイッターのプロフィル画像に設定しているほか、WoWをベースにした映画やドラマ制作を予定している。Thomas氏はNFT購入に対し「NFTの継続的な成長だけでなく、WoWの価値とその使命に対する我々の信念を反映したもの」ともコメントしている。

KPMGカナダは、NFTの継続的な成長への信頼だけでなく、NFTの取得や保管に関するクライアントの企業戦略構築の支援も想定しているとのこと。今後もNFTを購入するかについては「カナダのKPMGの価値観とブランドに合致するNFTコレクションを検討し、投資と適切な目的をサポートするクリエーティブな方法を模索する」と述べている。