アジア最大の音楽レーベル「T-Series」NFTに参入 Hefty Entertainmentと提携

アジア最大の音楽レーベル、出版社でインド最大の映画スタジオであるT-Seriesは1月26日、南アジア最大のデジタルメディアエンターテイメント企業の一つであるHungamaの一部門であるHEFTY Entertainmentと提携し、NFTに参入すると発表した。

T-Seriesは音楽やゲーム、ビデオなどの分野で9000万人以上の月間アクティブユーザーを持ち、 HEFTY EntertainmentはYouTubeで世界最大の加入者数3億9500万人以上、SNSでは7500万人のフォロワーがいる。両社の広範な流通ネットワークと、インドの言語での2000曲以上の歌と6万5000以上のミュージックビデオ、150以上の映画というライブラリを活用して、メタバースでのコラボレーションや交流を支援するエコシステムの育成を目指す。

T-Seriesの会長兼マネージングディレクターのBhushan Kumar氏は「20年にわたるHungamaとの提携を拡大し、我々のコミュニティーがメタバースにアクセスできるようになることをうれしく思う。この提携をきっかけに、私たちのコンテンツの価値を高め、世界のデジタルエンターテインメント産業のさらなる飛躍につながることを期待している」と述べている。